求人情報

株式会社マイセン 「きもちをことばにできる人」募集

recruit_9.jpg

人に良い本物の食をお届けするために。

株式会社マイセンは、
あたらしい正社員、パートを募集しています。
今回お迎えしたいのは、「きもちをことばにできる人」。
私たちが考える「きもちをことばにできる人」について
下記ではできるだけ詳しくご説明します。

お読みになり、
私たちの仕事に感じるものがございましたら、
ぜひご応募ください。
真剣なご応募、お待ちしております。

社長の思う「きもちをことばにできる人」

「きもちをことばにできる人」と言われても
なんとも漠然としていますね。

まず、
「きもちをことばにできる人」は、
「あいてのきもちを汲むことができる人」だと思います。
ことばのうまい人とは違います。

では、
「きもち」とはなんでしょう。
「きもち」は「心」です。

マイセンはこれまで
たくさんの「心」によって育まれてきました。
お客様のお喜びの声も、時にはお叱りの声も、
それらは全て、私たちが「心」を込めた商品や
サービスに対する、「心」のお返事なのです。
心の対話の繰り返しが、今日のマイセンを形づくってきたのです。

もう少し話してみましょう。

思うに
「きもちをことばにできる人」には、
「誠実さ」がそなわっています。

株式会社マイセンがめざす道のりには、
「安全で安心できる本物の食をお届けする」
という指針が常に存在します。
「安全」も「安心」も「本物の食」も、
日々の「誠実さ」により成り立つものです。

さらにつけ加えさせていただくと、
これはとても大切ですが、
やはり「マイセン」を好きな人にはたらいていただきたい。
これは「きもちをことばにできる人」の話とは別ですが、
「マイセン」がめざす方向に共感し、共有してもらえる人、
同じように喜びを分かち合える人と同じ時間をすごしたい。
「マイセン」は小さいながらも、
誇りに思う商品を数多く手がけています。
もちろんこれからもそうです。
その姿勢に対してなにも感じられなければ、
おそらくお互いにとって窮屈になってしまいます。

ご応募にあたり、
「私はきもちをことばにできます!」
と自薦するのは、
いささか照れくさいかもしれません。
しかし、
「自分はきもちやことばを大切にしています」
「自分は仕事においてそれらを重視しています」
という思いに置き換えてみると、いかがでしょうか。

わたしのきもちを
感じ取っていただけたなら、幸いです。

2016年
牧野仙以知

会社概要について

このたびは、当社の正社員、パート募集に
興味をもってくださり、ありがとうございます。
詳しい仕事内容の前に
当社の概要をご説明します。


株式会社マイセンは、
牧野仙以知を代表とする農業生産法人です。
通称は「マイセン」。
「マイセン」は、1992年4月17日に産声をあげ、
今年で24年目を迎えました。
当時は、お米作りを専門にしていましたが、
今ではお米(玄米)を通じて、
加工品の製造や開発、販売を行っています。
「マイセン」では、通信販売という方法で、
個人のお客様に商品を提供しています。
そのほか、食や健康にまつわるコンテンツを
充実させ、あらゆる媒体でご紹介しています。
「マイセン」のホームページは、
月間平均、約20万人が閲覧しています。


2010年以降は、「玄米」をキーワードに、
さまざまな玄米加工食品を開発。
とりわけ主力商品の「玄米パン」は、
小麦粉・卵・乳製品を不使用の玄米粉100%パンという
たいへん珍しい特長により、多くのご支持をいただいています。
おかげをもちまして、通信販売以外でも、
全国各地のスーパーマーケットや小売店にて、
お取扱いいただいています。


2012年には、
食料自給率の向上における取り組みを評価され
「フード・アクション・ニッポン」にて入賞しました。

2015年には、
自社工場を設立し、
グルテンフリー食品の生産を開始しました。

現在、社員はパートや役員を含めて20名以上の組織です。

毎月、お客様からたくさんのお声が寄せられています。
詳しくは「お客様の声」のページをご覧ください。


募集職種と応募について

今回募集するのは、以下の職種です。
◯ 通販
◯ 経理
◯ 総務

それぞれの応募職種に関するご案内と
応募方法、選考の流れについては
下記のボタンをクリックすると、くわしい説明がございます。
熟読のうえご応募ください。

recruit_btn_tsuhan.png
recruit_btn_keiri.png
recruit_btn_soumu.png

さいごに

弊社では、具体的な経験や技術はもちろん、
仕事に対する姿勢を大切にしています。
たとえば、

うそをつかない。
主体性をもつ。
前向きに励む。

これらは
あたりまえのことかもしれませんが、
あたりまえにできている人は案外多くはありません。

「きもちをことばにできる人」は
日々の中でそれらをこつこつ実践しています。
お客様の声や社内の声に耳を傾け、
「相手のきもち」を理解し、
「自分のきもち」を思考し、
「自分のことば」で表現する。
点ではなく一つの線として答えを導き出せる人です。

私たちが大切にしている考えを
「マイセン」の一員として
共有できる方であってほしいと思います。

ここまでお読みいただき、
ありがとうございます。