【マイセンのあいうえお】無農薬

aiueo_mu.jpg

無農薬

無農薬のお米を作ることと、無農薬でお米を作ることとは違います。
どういうことかご説明するために、まずは、農薬を使う場合、使わない場合での違いについてお話します。

もし、無農薬でお米を作ろうとするなら、一番大変なのは、草刈りでしょう。
田んぼの草は、苗の間、稲の間に生えているので、草刈り機は使えません。
次から次へと生えてくる草を、すべて人の手で刈らなくてはなりません。考えただけでもゾッとするかもしれませんが、かと言って放置しておけば、草はあっという間に稲を覆いつくします。
すると稲に太陽の光が十分に当たらず、おいしくないお米になります。
無農薬にこだわり、一面草しか見えない異様な田んぼを目にすることも少なくありません。

ところが、農薬を使えば、この問題はいとも簡単に解決します。虫もよらないほどに農薬が浸透し、草が生えない土の出来上がりです。

化学肥料を使うことを避け、草刈りを覚悟してでも、農薬を使わないことを選んだとします。
しかし、無農薬のお米を作ろうとするなら、さらに環境にも注意しなくてはなりません。

となりの田んぼに農薬が使われていたり、近所で合成洗剤を含んだ生活排水があれば、用水路を伝って、まわりの田んぼにもそれが流れてくるからです。それを避けるためには、人里離れた山奥に、田んぼを確保するしかありません。

このように無農薬のお米を作るには、さまざまな苦労がつきものですが、それに見合うだけの、美味しくて、安心なお米が育ちます。

マイセンでは、この2つをクリアした、完全無農薬の玄米を『プレミアム玄米』という名前で販売しています。
もちろん、山奥で、人の手で草刈りをした田んぼでとれたものです。作れる量に限りがあり、毎年数量限定での販売となっています。
丹精込めてつくられた、無農薬の玄米を、ぜひ一度お試しくださいませ。


aiueo_mu2.jpg