【マイセンのあいうえお】選ぶ

aiueo_erabu.jpg

選ぶ

「有機の野菜と、有機ではない野菜があります。お好きなほうを差し上げます」
そう言われたら、皆さんはどちらを選びますか?

マイセンは、食事を通して、健康と、この地球を守っていくことを使命にしています。ですから、農産物とその生産者に、十分な利益が届くようにすることが仕事のひとつです。

しかし、マイセンだけでは力不足でもあります。現に、原料で使用している、ある有機の農産物は、生産農家が年々減ってきており、この先どこまで収穫が続くかわかりません。
有機農業が、しっかり稼げるビジネスであれば、家族を養えるビジネスであれば、こんなことにはなっていないかもしれません。

皆さまに、ご提案があります。もし好きなものがあるなら、必要だと思うものがあるならば、是非それにお金を使ってください。冒頭の質問で、「有機野菜」と答えた方は、出来るだけ有機野菜をご購入ください。それが一番身近で、確実な、有機の野菜を守る方法です。

これは有機野菜に限った話ではありません。
肌触りのよい服と、それを売るお店。おいしい珈琲と、行きつけの喫茶店。好きな作家の新刊と、本屋さん。それらに十分なお金が還元されていなければ、どれもが存続しつづけることは出来なくなるでしょう。
「安いから」「タダだから」「とりあえず」の積み重ねは、本当に大事なものを消してしまうかもしれません。意識的な消費活動が、必要なものを守るための手段のひとつなのではないでしょうか。

今回のお話は、それぞれの価値観が表れると思います。異論のある方もいらっしゃるでしょう。もちろん、生産側にも努力の必要があります。
しかし、もし少しでも感じることがあれば、一緒に行動していきましょう。それがなくなってしまう前に。


aiueo_erabu2.jpg