マイセンの軌跡

マイセンは平成4年の創立以来、本当にいろいろなことがありました。 特に、設立当初は苦労ばかり........これまでの軌跡をほんのちょっとご紹介します。

「消費者第一主義」のコメづくりをめざして - 商社マンから「百笑」へ

photo_kiseki1.jpg牧野仙一(創業者で現社長)がそれまでの商社マン生活に終わりを告げ、農業を始めたのが1992年の春。「モノづくり」がしたいという思いが父の農業を継ぐ決意へと変わった。しかし、父をはじめ、周囲は猛反対。農業を取り巻く環境は厳しかったためだが、それでも牧野は決意を変えなかった。「絶対にやれる」という自信があったからだ。 商社マン時代に外食産業との関わりで学んだ「消費者第一主義」。これをコメ作りに活かそうと考えた。

7ヘクタールの田んぼからスタート - 福井県初の農場生産法人第1号に

photo_kiseki2.jpg当時コメは法律の元に政府の厳しい管理化にあったが会員制取引で有機栽培米などを売る「特別栽培米」制度を利用することにした。「無給でもいいからついていく」と前職での部下が牧野を慕って会社を辞めて来た。それが、会社組織として始めるきっかけとなり、平成4年マイセンを設立。福井県内初の、農業生産法人第1号となる。7ヘクタールの田んぼでスタートし、徐々に周辺農家の田んぼの請負耕作も始めて行った。

圧力、妨害を乗り越え、独自の道へ
事業拡大をはかる

photo_kiseki3.jpg将来の事業規模拡大には、加工施設が必要だったが、牧野は当初、自前の機械は保有しても、加工施設の建設までは考えていなかった。そこで、牧野は農協へ相談に行き、「農協の下請けになるので施設を借りたい」という申し出するが、農協に断られる。「農協とは別の道を行くしかない」と、国の低金利資金を借りることに。県、市、農協などすべての申請が通り、着工へ。いよいよ起工式というときに、書類への捺印を農協が拒否したためストップがかかる。再度依頼に行ってもだめだった。牧野は自分で資金集めに走り回り、なんとか建設にこぎつける。この苦労が逆に牧野の糧となった。

大型の加工施設が完成
自社ブランド米の販売開始

photo_kiseki4.jpg1993年には太陽熱を利用した天日乾燥室と精米施設などの大型の加工施設を建設。牧野が「一生ものの施設」と呼ぶこの施設は後々、経済産業省からの視察で絶賛され、省エネ施設として認定も受ける。施設完成後は自社ブランド米の販売に本腰を入れ始める。「自ら生産したものを自らが売る」のは当然と考え、会員以外の消費者にも販売。ヤミ米農家として取り上げられたこともあったが、「消費者により質の高い商品を提供したい」ただ、その一心からだった。味には厳しいと言われる外食産業との直取引も行いながら、事業拡大をはかっていく。

マイセン通心創刊

通信販売という形態でありながらも、お客様とコミュニケーションを取る方法がないものか...と考え、 1995年にマイセン通心を創刊。マイセンとご縁があったお客様に毎月お届けし、2011年9月で200号を迎えた。

2002年、創立10周年を迎える

わずか7ヘクタールだった田んぼは100ヘクタールに拡大。土づくりから一貫して「安全・健康・本物」をキーワードにした微生物農法、自然乾燥、といったこだわりの農法と、常に「お客様第一主義」を貫いた牧野の真摯な姿勢が実を結んだ。 マイセンは2002年創立10周年を迎えた。

玄米を原料とした商品を続々と開発

玄米は「完全栄養食」と言われるほど、栄養豊富な食べ物。 しかし、玄米が苦手な方が多いのも事実。 そのような方にも、玄米の栄養を摂っていただいたい、 という牧野の熱い想いから、玄米を原材料とした商品を開発し、発売した。 このような商品は、常に開発中で、今でも増え続けている。

                             
1998年 玄米あずき粥玄米あずきがゆ
2005年 玄米粉 玄米珈琲
2007年 玄米珈琲
2008年 玄米ぱん
2010年 玄氣の力
玄米焼きドーナッツ
ほっと玄米焼ドーナッツ
2011年 玄米クッキー
安心玄米甘酒
玄米うどん
玄米生パスタ
100%玄米パン
クッキー4袋箱付き(新ラベル) IMG_4203
2012年 玄米アイス
玄米餅
玄米もち入り京風ぜんざい
まるっきりお肉
アイス3
2014年 まるっきりシリーズ(唐揚げ・ハンバーグ・メンチカツ)
玄米パン(カカオ味・キャラメル味)
唐揚げ-2 ハンバーグ-2 メンチカツ-2
2015年 玄米酵素ドリンク
玄米ラーメン
玄米ラーメン
2016年 大豆と玄米のベジフィレ・ベジミンチ
おいしい玄米パン
おいしい玄米ミニパン
大豆と玄米のベジミンチミートソース風・キーマカレー風
玄米ミニパン ベジフィレ・ベジミンチ
2017年 おいしい玄米丸パン
玄米丸パン

2012年、創立20周年を迎える

10年前に比べ田んぼの面積は1.5倍となった。お客様の人数も何倍にも増えたが、お一人おひとりを大切にする気持ちはずっと変わることはなかったし、これからも変わることはない。その想いはお客様に通じ、創立当初より多くのお客様がご愛顧くださっている。皆様のおかげで、2012年4月17日、マイセンは創立20周年を迎える。